不要な本は古本買取業者に売ろう

不要な本がある場合は古本買取業者に売却しましょう。本は案外場所を取ってしまいますし、どんどん増やしていってしまうと処分する時にも大きな手間が掛かってしまいます。不要になったと感じた時が処分する良いタイミングですので、古本買取業者に査定に出すようにしましょう。せっかく本を売るのならやはり少しでも高い買取価格を付けてもらえた方が嬉しいものですので、古本買取を依頼する前の下準備をしっかりとやっておきましょう。まず、大切なのが本を綺麗にしておく事です。買取られた本というのは古本として店頭に並べられる事が殆どです。やはり古本買取業者も綺麗な本を買取たいと考えていますし、綺麗な状態で査定に持っていった方が好印象を持ってもらう事ができます。売りたい本を一冊ずつチェックし、汚れが付着していないかページの間にゴミなどが挟まっていないかのチェックを行うようにしましょう。

本はセットにしてから査定に出す事も大切です。例えば全10巻セットの本の場合、10巻の内9巻までを査定に出すより、全10巻揃えてから査定に出した方がプラスアルファの買取り価格が付くことがあります。1巻、2巻抜けている場合は古本屋などで安く購入し、買い足してから査定に出した方が結果的にお得になる事があるのです。それぞれの下準備ができたら実際に査定に出してみましょう。査定は必ず複数のお店に依頼する事が大切です。お店によって査定基準が異なっている事がありますし、その時の在庫状況によっても買取価格は異なってきます。面倒だからと一店舗だけの査定で売却を決めてしまうと大きな損をしてしまう事もありますので、必ず買取価格の比較をしてから売却先を決めるようにしましょう。売りたい本の量が多い場合は出張査定を利用してみましょう。出張査定の場合は業者の方から自宅などへ出向いてきてくれますので、楽々査定をしてもらう事ができます。もちろん本だけでなく、CDや家電製品なども一緒に査定してもらう事ができますので、不要品が沢山ある場合は活用してみると良いでしょう。インターネット上のショップに買取を申し込むという方法もあります。

ネットショップの方が高くなるケースも珍しくありませんので、本を売る場合には活用してみると良いでしょう。売りたい時はダンボールなどに本を詰め、宅配などでネットショップへ送るだけで楽々査定をしてもらう事ができます。近くに古本買取業者がいない場合にも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*